ホーム > 教育内容

教育目的

看護に必要な知識・技術・態度を習得し、社会に貢献できる看護師を育成する。

教育目標

■生命尊重の精神を基盤とした調和のとれた豊かな人間性を養う。
■人間とその生活を総合的に理解する能力を養う。
■科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
■あらゆる状況に応じた看護を安全に実践できる基礎的能力を養う。
■保健医療福祉の役割を担う一員として、看護に対する責任を自覚した専門職業人としての姿勢を養う。
■看護の学習を通して自己をみつめ、看護の専門性を高めるため主体的に学習し続ける姿勢を養う。

01

01

確かな看護実践力の育成

時代の先端教材を活用し、現実に即した体験を通して看護の技術を身につけます。
各分野のエキスパートが熱意を持って指導します。

02

看護の精神・魅力の継承

看護の基盤である「ナイチンゲール精神」を学び継承します。
人間尊重、生命倫理を看護の基本として探求します。

03

コミュニケーションを大切に

自己表現や相手を理解するためのコミュニケーション力を高めます。
一人ひとりが能力を最大限発揮し、自己成長できるように支援します。

04

地域に根付いた学習環境

群馬県の中核病院・施設で実習ができます。
地域社会への参加の機会を通して、地域住民の健康や生活を理解します。

05

学習環境の均一

わたしたちは、学習環境の均一化を図る為に、学校内では全てにWi-Fiを整備しており、いつでもインターネットに接続できます。

06

教育の保障

100%看護師国家試験を合格めざし、学習の修得を保障致します。また、きめ細かく指導を行い、高い看護能力を養います。

07

充実した施設

広大な敷地と、最新の施設により、安心して学習ができる環境を提供致します。
校舎内には、インターネットの使用ができ、図書室・自習室など、学習環境が整っております。また、専用駐車場も用意してあります。

カリキュラム

看護の知・技・心を育む。

1年次 人間とは、看護とはの基礎を学ぶ

初めて専門領域の学習に接し、看護学に興味を持つ時期です。看護学の学習法を身につけるために専門書や文献などに触れ、トレーニングをしていく時期です。学習内容として、人間に対する理解を深め、看護の概念など看護の基本となる知識、技術を習得します。

2年次 病気と看護について学ぶ

1年次での学びを活用して、専門領域の知識を広めていく時期であり応用能力や問題解決能力を高めるレベルです。看護とは何かの学びを土台に成人や老年、小児、母性などについての理解を深めそれぞれに応じた看護実践が出来る基礎的能力を養います。

3年次 病院、保育所などの施設実習により看護の統合を学ぶ

学んだ知識を統合して、研究活動などを通して、科学的看護が出来る看護実践野力を養う時期です。

[基礎分野]

分類 科目 単位 時間
自然科学 統計情報学
体育
生活科学
野外教育
1
1
1
1
15
30
15
30
社会科学 群馬の歴史と人権
人間関係論
カウンセリング論
発達心理学
1
1
1
1
15
15
30
30
人文科学 論理学
教育学
倫理学
英語I
英語II
1
1
1
1
1
30
15
30
30
15
  小計 13 300

[専門基礎分野]

分類 科目 単位 時間
体の構造と機能 解剖生理学I
解剖生理学II
解剖生理学III
解剖生理学IV
生化学
栄養学
薬理学
1
1
1
1
1
1
1
30
30
30
30
15
15
30
疾病の成り立ちと
回復の促進
病理学
病態生理学I
病態生理学II
病態生理学III
病態生理学IV
病態生理学V
病態生理学VI
微生物学
1
1
1
1
1
1
1
1
30
30
30
30
30
30
30
30
健康支援と
社会保障制度
リハビリテーション論
総合医療論I
総合医療論II
関係法規
社会保障
公衆衛生学
1
1
1
1
1
1
15
15
15
15
15
30
  小計 21 525

[専門分野I]

分類 科目 単位 時間
基礎看護学 基礎看護学概論
看護理論と中範囲理論
臨床看護総論
基礎看護学援助論I
基礎看護学援助論II
基礎看護学援助論III
基礎看護学援助論IV
基礎看護学援助論V
基礎看護学援助論VI
看護過程
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
30
30
30
30
30
30
30
30
30
30
実習 基礎看護学実習I
基礎看護学実習II
1
2
45
90
  小計 13 435

[専門分野II]

分類 科目 単位 時間
成人看護学
成人看護学概論
成人看護学方法論I
成人看護学方法論II
成人看護学方法論III
成人看護学方法論IV
成人看護学方法論V
1
1
1
1
1
1
30
30
30
30
30
30
老年看護学 老年看護学概論
老年看護学方法論I
老年看護学方法論II
老年看護学方法論III
1
1
1
1
30
30
30
15
小児看護学 小児看護学概論
小児看護学方法論Ⅰ
小児看護学方法論II
小児看護学方法論III
1
1
1
1
30
15
30
30
母性看護学 母性看護学概論
母性看護学方法論I
母性看護学方法論II
母性看護学方法論III
1
1
1
1
15
30
30
30
精神看護学 精神看護学概論
精神看護学方法論I
精神看護学方法論II
精神看護学方法論II
1
1
1
1
30
30
30
15
臨地実習 成人看護学実習I
成人看護学実習II
成人看護学実習III
老年看護学実習I
老年看護学実習II
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習
2
2
2
2
2
2
2
2
90
90
90
90
90
90
90
90
  小計 38 1320

[統合分野]

分類 科目 単位 時間
在宅看護論 在宅看護概論
在宅看護方法論I
在宅看護方法論II
在宅看護方法論III
1
1
1
1
15
30
15
30
看護の統合と実践 医療安全論I
医療安全論II
災害看護・国際看護
看護研究
看護管理
統合看護演習
1
1
1
1
1
1
15
30
30
30
15
30
臨地実習 在宅看護論実習
統合実習
1
1
90
90
  小計 13 300
  総計 99 3000

充実した実習施設

地域の主要な施設と連携した実習

当校の看護学実習の考え方は、段階を追って基礎から応用、統合の順で学びます。即ち、1つの技術から2つのあるいは、3つの技術の組み合わせ、単純から複雑へと取り組みやすい形態を取っています。また、臨地実習では、専門分野Ⅰの基礎看護学実習、専門分野Ⅱの成人・老年・小児・母性・精神看護学実習と統合分野の在宅看護論、統合実習へと進めます。実習施設の80%は群馬県内に於いて実施し、県内の歴史と風土と共に理解できるように進めることとしました。

充実した実習施設

安心の学校生活サポート

スクールカウンセラー

学習や学校生活の悩みの相談にのってくれます。

就職サポート

求人情報の掲示、履歴書の書き方や面接指導など、就職に向けてバックアップします。

学費サポート

奨学金
 ・日本学生支援機構
 ・群馬県看護師修学資金
 教育ローン
 ・各金融機関の学資ローンが利用可能です。 就職に向けてバックアップします。

充実した実習施設

卒業時に期待する姿

  1. 対象の多様な価値観を認識し、人間関係を形成し、人間の尊厳と人権を守り擁護的立場で行動し、専門職業人としての倫理に基づいた看護を実践できる。
  2. 看護師としてあらゆる場で活躍できる能力を持ち、生活している人間の基本的ニードの充足に向けて、あらゆる成長発達段階、および健康の段階にある人の健康維持・増進及び回復を目指す事ができる。
  3. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、幅広い視野で看護チームの一員としての自覚を常にもち、他職種と協働し、人々が社会資源を活用できるように調整することができる。
  4. 倫理的思考を駆使して、科学的根拠をもって看護の展開ができる。
  5. 医療の変化に柔軟に対応できることを常に目指し、看護師としての自覚をもち、グローバルに活動することができる。
  6. 看護の専門性を追求する姿勢を常にもち、質の高い看護を提供できるよう、日々努力することができる。
卒業時に期待する姿

学校案内、入試資料資料請求フォーム